BLOG

スタッフブログ

宮 城

【OMX・県産材利用物件】太白 K様邸 建て方始まりました!

こんにちは はぐくみの木の家 伊藤です。

断熱を敷き、ヒノキの土台(12㎝角)を基礎の上に敷込・ヒノキの大引き(10.5㎝角)を井桁状に施工します。

1Fの床の下地を施工した後に柱・梁・2F床組とだんだんと上に登っていきます。

今日は2Fの梁部分まで立上っています。

クレーン屋さんが【背が高く長い梁】を吊り、大工さんと息を合わせて梁を掛ける位置まで移動させます。

大工さんはバランス感覚がよく梁の上を移動しています。

下から見ている私はヒヤヒヤしています。

 

 

 

 

建て方が終わるとすぐ屋根の断熱材を施工します。

写真のオレンジ色の板状のものが屋根に施工する断熱材【ネオマフォーム】です。これがまた優秀な断熱材で密度が詰まっていて熱を通しにくくしています。

すぐに隠れてしまいますので、厚みはモデルハウスにあるサンプルをご覧ください。

 

 

今回の物件は県産材を利用し補助金の申請を行う物件です。木材のお話は、また後日ご紹介いたします。

 

はぐくみの木の家 伊藤

〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-6-11

TEL:022-355-8123 FREE:0120-310-275

【はぐくみの木の家HP】 【OMX紹介HP】

【県産材利用エコ住宅普及促進事業】