OWNER’S VOICE

お客様の声

自分たちの“想い”を伝えたら、 ぴったりのカタチになりました。

福 島 I様宅

_MG_0223_加工2

“自分たちらしさ ”を追求したら、“ちょうどいい家” になりました 。

「価値観が近い」が、一番の決め手だった
結婚当初から家づくりは想定していましたが、子どもができたことでより具体的に考えるようになり、何度も住宅展示場に足を運びました」と話すご主人。しかし、いくつものハウスメーカーで自分たちの要望を満たした提案があっても、どこかぴったりとこない…。その時に巡り合ったのが『はぐくみの木の家』でした。
奥様は「担当者の第一印象がとてもよかった。直感でここなら自分たちの理想がカタチになると思いました」と当時を振り返ります。ご主人も担当者の印象について「私たちの価値観とズレがないというか、身の丈にあった“ちょうどよさ”という、フワッとした要望をしっかり受けとめて表現してくれる。安心できる存在でした」と、おふたりは微笑みます。
同じ目線で家づくりを提案する。その感性がI様ご夫婦の琴線に触れた瞬間でした。

「気配り」「目配り」「こころ配り」の家づくり
家づくりは自分たちの要望をカタチにしたくなるものですが、要望が多ければ多いほど難しくなるもの。しかしI様にはそれがなかったと言います。
「もともと贅沢な家を望んでいたわけではなく、自分たちらしい、ちょうどいい家を求めていました。それは予算だったり土地の広さだったり現実的なところです。その条件の中で私たちの想像を超える提案をしていただいて、どうしてここまでわかってくれるの!?と驚いてばかりでした」と奥様。
ご主人も「2階に9畳の空間がありますが、例えば子どもが増えた時、部屋を半分に仕切れるように梁を渡してくれたり、両親と同居した時に納戸をお風呂場に改装できる広さにしてくれたり。私たちの家族に対する想いがカタチになっていました」と、担当者との間に芽生えた信用と信頼に満足気です。
奥様がこだわったという洗面台も「灯りのスイッチも小さい子どもに手が届く高さ、椅子に腰を掛けても顔が洗える高さに設計してもらえました。“かゆいところに手が届く”気の利いた作りに満足です」と笑顔。
I様のご自宅は、見えないところへのちょっとした気遣いや思いやりが随所に感じられます。

時の流れとともに「はぐくまれる家」
理想がカタチになったご自宅について、お二人に聞いてみると…
「家づくりは人生においてとても大きな出来事。はじめから背伸びして完成された家を建てるよりも、その時々の理想に合わせて柔軟に応えてくれる“のびしろ”のある家づくりが大切だと思います。家は人とともに育つことができるということを教えてくれた、はぐくみの木の家に出会えて、私たちは幸運だったと感謝しています」と誇らし気に話してくれました。
はぐくみの木の家で家族の『理想郷』を見つけたI様ご家族。これからも笑顔が絶えない暮らしが待っていることでしょう。

一覧へ戻る